フォト

アクセス

  • Jpeg
    16号線を走ってこられた場合、 木立に隠れるように見えるので わかりにくいかもしれません。 正面の郵便局を目印にしていただければ 見つけやすいと思います。

ホームページ

天気予報

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« みけねこ通信 6 | トップページ | みけねこ通信 7 »

2010年10月28日 (木)

歯の健康

ここ数年、いぬねこの歯のケアに注目が集まっています。

一昔前に比べ、いぬねこも高齢化が進み
それに伴い、歯のトラブルも増えているんですね。

一番多いのは、やはり人間と同じ「歯石」です。

歯石の付きやすさは、その子その子によって違いがありまして
若くても、たくさん付いてしまうという子もいれば、
お年寄りなのに全く付いていない子もいます。

どちらかというと猫より、犬の方が多くて
犬の中でも犬種によって付きやすさは変わります。

私の経験上、ダックスとかヨーキーは付きやすいですね。
(うちのヨーキー(9歳)も残念ながら付いています

歯石がつくと、口の中で細菌が増えて
歯ぐきに炎症を起こしたり、口臭がひどくなったりします。
ひどい時には炎症が目の近くまで広がることもありますので
油断できない病気なのです。

通常、動物病院ではこの歯石をとってしまう事が出来ます。
ただ、歯石が多いケースですとほとんどは全身麻酔が必要になるのです。
(犬猫には「はい、口あけて~」が通用しませんからねぇ・・・)

なので、
少しでも歯石を付きにくくする、
付いてしまった歯石もそれ以上増やさないようにする
という「予防」が重要になってきます。


予防方法はいくつかあります。

我々、ヒトと同じように歯磨き粉に似た「デンタルジェル」

歯磨きが苦手な子、お年寄りの子用のお口内に直接吹きつける「スプレー」

噛んで遊ぶことで歯磨き効果が期待できる「おもちゃ」

噛んで食べることで歯磨き効果が期待できる「おやつ」

などなど。


当院でもいくつか置いてありますので
ご興味がある方は是非お手にとってご確認ください。

ちなみにうちのヨーキーはデンタルジェルは嫌がりましたが
「おやつ」は必死になって食べてました

普段、贅沢させてないからなぁ・・・

« みけねこ通信 6 | トップページ | みけねこ通信 7 »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歯の健康:

« みけねこ通信 6 | トップページ | みけねこ通信 7 »